ナースの自分らしい働き方

医療機関への派遣は禁止されていますが、例外があります

ショートの女性

派遣会社というのは、雇った人材を必要とする企業(派遣先)で勤務させる会社です。
つまり、派遣先で働いている人は、派遣会社に雇用されている状態です。
一般企業では、正社員と同じ仕事をしていても「派遣のくせに…」と見下されたりすることもありますが、看護師の場合は差別されることはまずないでしょう。
ですが実は、医療機関への派遣は、紹介予定派遣以外は禁止されています。

 

紹介予定派遣とは?

派遣期間は6ヶ月以内で、終了時に派遣先に直接雇用されるのが前提となっています。
お互いが合意した場合、社員や契約社員などとして採用されます。
直接雇用される前に、自分にあった職場か、病院に必要な人材かをお互いに試すことが出来るので、ミスマッチが防げるというメリットがあります。
自分にあわない職場で働くのは辛いですから。

 

派遣看護師が働ける職場は?

病院やクリニックなどの医療機関は、紹介予定派遣でなくてはなりませんが、医療機関でなければ通常の派遣も可能です。
訪問看護ステーションや、訪問入浴、老人ホームなどの介護施設での仕事があります。
介護施設などは、ナースが一人勤務するケースも多く、ある程度の経験が求められます。

 

まとめると、看護師が人材派遣会社を利用できるのは、紹介予定派遣のケースと、医療機関以外のケースになります。

 

 

新しい病院で実際に働いてみてから就職するか決めたい。

 

訪問入浴などで期間を決めて働きたい。ダブルワークで稼ぎたい。

 

こういう看護師さんの場合は、紹介予定派遣や一般派遣に強い会社の登録をおすすめします。
派遣会社はいろいろありますが、看護師専門の以下の3つには登録しましょう。単発や短期アルバイトの求人も充実しています。

 

  • ナースパワー
  • MCナースネット
  • スーパーナース

 

普通に転職したい看護師さんは

人材紹介と混同していたという人も多いです。普通に転職したいという人は、看護師の紹介会社(転職サイト)へ登録しましょう。
紹介会社では、無料であなたの転職を手伝ってくれる転職支援サービスを行なっています。
上記の3サイトでも、通常の求人も扱っています。